そのむくみはもしかして下肢静脈瘤?対策に着圧ソックスもおすすめ

そのむくみはもしかして下肢静脈瘤?対策に着圧ソックスもおすすめ

足がむくむのは仕方がないとあきらめていませんか?
特に女性は仕事と家庭の両立、出産や子育てで自分のことは後回しになりがちです。

しかし、その足のむくみはただのむくみではないかもしれません。
下肢静脈瘤の可能性があるのです。

足がむくんだりだるいと感じるのはどうして?

足がむくんだりだるいと感じるのはどうして?

 

一般的に足がむくむのは、老廃物がたまったままの状態が続いていることが多いと言われています。
血流やリンパの流れがよければ不要な物がどんどん体の外に運ばれるので、脚だけでなく体全体がスッキリします。

運動を取り入れたりマッサージなどでむくみが解消されるといいのですが、場合によってなかなかむくみが解消されないこともあります。
この場合、下肢静脈瘤の可能性が捨てきれません。

注意
特に年齢を重ねてくると多くなり、30歳から50歳までの女性のおよそ5割、50歳から70歳までの女性のおよそ6割は下肢静脈瘤があると言われています。 しかも、出産経験がある女性の2人に1人は下肢静脈瘤が発症していることも分かりました。

日本全体で言うと、なんとその数は1,000万人以上もいるのです。
年齢を重ねてくるとその割合は増えていきますが、出産を経験していたり、立ち仕事で血流が悪くなりやすい方なども発症しやすいと言われています。

また、両親とも下肢静脈瘤だった場合は9割の確率で子供も発症することがデータで判明しました。
女性は女性ホルモンの影響、特に出産を経験することで静脈が柔らかくなります。

そのため、血管の弁が壊れやすくなって発症しやすいのです。
立ち仕事の場合、特に美容師、販売員、調理師のように立った状態が長く続くのに一ヵ所からあまり動かないような方たちが発祥しやすいことも判明しており、特に連日10時間以上立ったまま過ごすことが多い方は注意が必要でしょう。

そのほか、便秘症の方、肥満体型の方もなりやすいのでライフスタイルを見直す必要がありそうです。
激しい痛みがあるわけではないので見逃しがちですが、症状がひどくなる前に下肢静脈瘤がどんな症状なのか、どんな対策が必要なのか知っておくことをおすすめします

下肢静脈瘤ってどんな症状?

下肢静脈瘤ってどんな症状?

 

簡単に言うと、足の血管の病気です。
足の静脈がこぶのように膨らんでしまった状態を下肢静脈瘤といいます

病気というと怖くなりますが、良性の病気であるため過剰に心配することはありません。
いきなり悪化して生命の危機に陥るようなこともないのでだいじょうぶです。

もちろん、このまま放置しておくと症状が悪化していくので、一日も早い解決策が必要になることは間違いありません。
足がむくむだけでは下肢静脈瘤かどうか素人では判断できにくいかもしれません。

下肢静脈瘤の場合、足のむくみ以外にも様々な症状が現れます。

  • 足がむくむ
  • ふくらはぎが重苦しくてだるく感じる
  • 足がむずむずして不快に感じる
  • 足の血管が浮き出ている
  • 足がよくつる
  • 足だけが火照ったり熱く感じることがある
  • 足に湿疹ができてかゆい
  • 足に色素沈着が見れる
これらの項目に該当する場合は下肢静脈瘤の可能性が高いかもしれません。
特にふくらはぎににできやすく、時間帯は午後から夕方、時間が経ったころに出やすいのも特徴のひとつです。
  • 足の冷え性が酷い
  • 階段を上り下りするのが辛い
  • 正座が出来ない
  • 寒い季節になると足がかゆくなる
  • 歩いているだけでふくらはぎがだるく重くなる
  • 何もないところなのに砂利を踏んでいるように感じる
このような症状がある場合は、下肢静脈瘤以外の病気が考えられるので、早めに病院で診察を受けるようにしてください

下肢静脈瘤を解決するために

下肢静脈瘤を解決するために

 

やはりライフスタイルを見直すことがポイントになるでしょう。
ひとつは運動です。

健康体になるために運動が最適なのはわかっていてもなかなか始められないというのが本音かもしれませんが、下肢静脈瘤が出来たということは体が危険信号を出している証拠です。
酷くなってから「あのとき運動しておけばよかった」と後悔しないためにも、無理のない範囲で運動を取り入れてみてください

いきなり激しい運動は体に負担がかかりますから、例えば家の中でも出来るストレッチはいかがでしょうか。
ちなみに激しい運動だけでなくジョギングのように足に大きな負担がかかる運動も避けるようにしましょう。

もうひとつ見直したいのが食事です。
油分の多い食事は脂肪を増やしてしまいます

油分も塩分も肥満体型や脂質異常になるため、下肢静脈瘤に繋がりやすいので注意が必要です。
バランスの取れた食事を心がけましょう。

特に野菜不足が深刻なので、野菜を多めにしたメニューを取り入れてみてください

特に野菜不足が深刻なので、野菜を多めにしたメニューを取り入れてみてください。
もしも長時間立ち仕事を任されているなら、休憩時間に足首を曲げたり伸ばしたり簡単なストレッチを取り入れてみてください。

休憩時間は足も休憩させることを心がけましょう。
特に膝から下、ふくらはぎを休ませたいので立ち仕事が多いならかかとを上げたり下げたりすることでふくらはぎの筋肉をストレッチさせます。

逆に座ったままの場合、つま先を上げたり下げたりしてふくらはぎの筋肉を刺激してあげましょう。
それから最近女性たちの間で着圧ソックスが話題になっています。

それから最近女性たちの間で着圧ソックスが話題になっています

 

むくみ解消のひとつとして着圧ソックスを毎日続けている方が多く、中には下肢静脈瘤対策として取り入れているという声もあります。
むくみが取れて足が細くなることが分かってきたため、女性たちの間で話題になり始めました。

着圧ソックスにもハイソックスタイプ、膝上タイプ、ストッキングタイプと色々ありますから、自分の脚に合ったタイプを選んで取り入れてみてはいかがでしょうか。
身に着けるものといえば、締め付けのキツい下着や洋服は血流を悪くします。

体がむくむ要因になりますから自分の体のサイズに合った下着、洋服を身に着けるようにしてください

下肢静脈瘤まとめ

下肢静脈瘤まとめ

 

下肢静脈瘤を解消する方法は色々あります。
どれも取り掛かるまでは面倒に思うかもしれませんが、続けていくと体質改善が出来ていることを実感できるようになり、これならこれからも続けていこうと思えるようになります。

スラリ脚を目指す着圧ソックス&ジェル&サプリおすすめランキング【総合】

着圧ソックスの効果的な選び方

むくみセルライト太さなど脚の悩みはさまざまです。
そんな脚の悩みを持った方におすすめなのが着圧ソックスです!加えてマッサージ効果をアップするジェルや、体の中からむくみ改善をするサプリを取り入れてみるのも効果的です。お手軽さや効果・価格を考慮したランキング形式でご紹介しますので参考にしてみてください。